Instagram

COMMITMENT

挑み続けて、20年。

コーポレートスローガン

Corporate slogan

取り込む、巻き込む、夢中にさせる。
待ってろ、ミライ。

新しいクリエイティブやプロモーション、
コミュニケーションツールを模索しながら、
クライアントの皆さまと次の未来を “catch up” する広告会社であること。
だから、いま手が届くものでは妥協しない、満足しない。
一歩先の目標に挑戦し続ける、
アグレッシブな企業でありたいと考えています。

コーポレート・カラー

アデージの青は、あたたかい。

物ごとの本質と向き合う広告をつくるためには常に俯瞰して全体を見渡す冷静さが必要です。
かしこく判断し、見きわめ、本当に人に寄り添える広告にするにはどうすればよいのかと思考を巡らせる。
アデージの青は、「向き合って考える」ということを表現したあたたかい青です。

7つの活動方針

7 activity policies

新しい未来をCatch upするために、
いまアデージが大切にしたい「7つの活動方針」。

  1. 01

    すべてのオファーに感謝する

    NO WORK, NO LIFE

    数ある広告関連会社の中からパートナーとして選んでいただけることは、アデージの大きな喜びです。
    仕事をいただけるからこそ、私たちは企業活動を続けられています。

  2. 02

    なにごとも全力で取り組む

    adage 100%

    いただいた仕事は100%の力で、最後まで。
    あたりまえのことですが、あたりまえを涼しい顔でやり切る企業でありたいと考えます。

  3. 03

    顧客ファースト

    CLIENT FIRST

    どうすれば商品や企業の魅力を伝えられるか。
    クライアントとエンドユーザーが信頼で結ばれる、その手助けこそが広告の使命です。

  4. 04

    転んでも起きあがる

    DARUMA SPIRITS

    無難な広告手段を選ぶばかりでなく、時には失敗を恐れずにチャレンジすること。
    大切なのは「ゲームセットを勝利で迎える」という信念です。

  5. 05

    火中の栗ほど拾う

    YOUR SAVIOR

    ハードルは高いほど跳びがいがある。
    他社にできないことだからこそやりがいがある。
    困った時に頼られる広告会社でありたい、私たちはそう考えます。

  6. 06

    ひな壇の精神

    Official 雛壇 ism

    TVでお馴染みのひな壇芸人。
    私たちも身を乗りだして自己アピールするそのひた向きさを忘れずに、広告会社としての存在感を発揮し続けます。

  7. 07

    現場至上主義

    FIELD CREATION

    マウスをクリックするだけでは十分な情報は得られません。私たちはつねに現場に足を運び、作り手や買い手の顔が見える広告づくりをめざします。

代表メッセージ

Representative message

株式会社アデージは、2021年をもって設立20年の節目を迎えます。
これもひとえにお得意先様、パートナー様、そしてスタッフとそのご家族に支えていただいた結果であり、
ここに深く御礼申し上げます。

私たちは設立以来自社クリエイティブにこだわり、一貫した内部制作体制を貫いてきました。
時代にアジャストしながらも流行に左右されない「物ごとの本質と向き合う広告づくり」を掲げつつ、
今思えばその道程は試行錯誤の繰り返しであったようにも思います。

第5世代移動通信システム(5G)を旗頭に目まぐるしく変化する社会の潮流は、
令和を迎えてさらに加速することでしょう。ともすれば氾濫する情報の波に溺れることだってあるかも知れません。

しかし人の心を動かす広告は、決してAIや二進法では創造できません。
私たちは作り手の想いを受け取り手に届けるために、これからも
体温のある広告づくりに邁進してまいります。

PAGETOP